足・太もも・足裏のイボの原因と取り方

足の裏というのは、イボだけではなく魚の目やタコもできやすい場所になっています。もし痛みを感じるでっぱりができていたら、イボだと思ってよいでしょう。

 

足の裏はイボ以外にもいろいろとできやすい

 

足の裏というのは、常に圧迫された状態で風通しも悪く、負担がかかっている部分でもあります。そのため、イボができやすい部分としても知られているのですが、他にも魚の目やタコなどもできやすい部分だと言えるでしょう。

 

イボはタコのようにでっぱりがあるのが特徴ですが、タコの場合には痛みがありません。魚の目とイボは痛みがあるので、すぐに皮膚科を受診して除去してもらうようにしましょう。

 

足底疣贅の場合が多い

 

足の裏にできやすいイボというのは、足底疣贅という種類です。ウイルス性のイボになっており、初めは痛みがあまり出ません。しかし、足の裏というのは常に体重がかかっているので、皮膚がのめりこんでしまうこともあるのです。

 

そうすると痛みが発生してくるので、早急に対策を練る必要があります。摩擦や体重が加わると悪化することもあるので、早めの治療が重要だと言えるでしょう。

 

摩擦は避ける

 

足の裏にできるイボは、摩擦が加わりやすくなっているので、早急な治療が重要です。液体窒素での治療が一般的ですが、レーザーで治療を行う場合もあります。

 

太ももにもやはりイボというのはできるのですが、太ももであってもズボンをはく人は擦れて痛みが発生することがあるため、やはり早めに除去してもらうことが重要です。