イボ除去に専用クリームが選ばれる理由

イボを除去するためには、通常皮膚科に通って治療をしてもらう必要があります。しかし、現在では自宅でイボの除去することも可能になっているのです。

 

自宅で簡単にイボの除去ができる

 

イボは他人に移るので、早急に治療する必要があるのですが、近年では自宅で簡単にイボの除去ができるクリームが存在しているのです。特に首にできてしまうと、かなり目立ってしまうでしょう。

 

そこで購入したイボ除去クリームを使用することで、それほど出費をする必要もなく、痛い思いをすることもなく除去できるのでおすすめです。

 

保湿効果で肌もきれいになる

 

肌をきれいにする基本は保湿です。この保湿効果もイボ除去の専用クリームには含まれています。イボを素早く除去すると同時に、しっかりと保湿もしてくれるのです。

 

イボができている周辺の肌がカサカサの状態という人も多いでしょう。このような状態を改善することもできるので、イボ除去の専用クリームを試してみる価値は十分にあると言えます。

 

美白効果がある種類も売られている

 

イボを除去する専用クリームにもいろいろな種類が存在しています。そんな中には美白効果が得られる種類も販売されているのです。

 

イボができてしまった部分というのは、除去をしたときに若干黒ずんでしまうこともあるのですが、美白効果がある成分を含んでいることで、元の美しい肌に戻すことができるのです。女性には特にうれしい効果だと言えるでしょう。

 

イボ取りクリームランキング

 

 

 

イボクリームが除去可能なイボの種類は?

 

イボクリームは、どのような種類のイボでも除去できるというわけではありません。除去できない場合には、皮膚科で治療をしてもらうようになるでしょう。

 

イボは大きく分けると2種類ある

 

イボクリームを使用する前に、イボの種類について知っておく必要があります。イボというのは大きく分けると2種類存在しています。

 

1つ目は老人性イボと呼ばれている種類で、2つ目はウイルス性イボと呼ばれている種類です。また、イボの多くは良性と言われているのですが、悪性のイボができてしまうこともあるので注意しましょう。

 

イボクリームで除去できるイボとは

 

イボクリームを使用すれば、どんなイボでも除去できるというわけではありません。では、どのような種類のイボであれば除去できるのかというと、老人性イボであれば除去が可能です。

 

老人性イボというのは、肌の老化や紫外線などが原因でできます。ぽつんと飛び出ており、黒や茶色になっていることが多いでしょう。このようなイボであれば、クリームできれいに治すことができます。

 

イボクリームでも除去できないイボ

 

老人性イボであればクリームでの除去が可能なのですが、ウイルス性のイボができてしまうと、クリームを使っても除去するのが難しいでしょう。

 

この場合には、皮膚科に行って除去してもらうしかありません。また、まれに悪性のイボができてしまう場合もあるので、イボができていることがわかったら、すぐに皮膚科で治療をしてもらいましょう。

 

イボが発生する原因は?

 

イボが発生するということは、当然原因があります。原因を特定しておくことで、しっかりと予防ができると言えるでしょう。

 

老化や紫外線が原因

 

イボの原因は1つだけではありません。特に老人性イボの場合には、老化や紫外線が原因だと言われているのです。老化は防止することが難しいのですが、紫外線はしっかりと予防できるでしょう。

 

他にも肌が乾燥していることが原因で発生しやすくなることもあるので、保湿を心がけておくことも重要です。特に乾燥肌の人は、普段からしっかりと保湿をしておく必要があります。

 

ウイルスも原因の1つ

 

老人性イボではなく、ウイルス性イボの場合には、名前の通りにウイルス感染が原因で発生してしまいます。ウイルスにもいろいろな種類が存在しているのは知っているでしょう。

 

イボの原因となるウイルスは、ヒトパピローマウイルスという種類で、別名ヒト乳頭腫ウィルスとも言われています。このウイルスが傷口などから入り込んでしまうことで、イボとなって表れるのです。

 

免疫力が低下しているときが要注意

 

健康な状態の人であれば、紫外線をある程度浴びても、ウイルスが入り込んだとしても、イボになって発生するケースは殆どありません。

 

しかし、免疫力が低下しているときに紫外線を浴びたり、ウイルスが入り込んだりすると、イボになりやすくなるのです。そのため、免疫力を低下させないように、普段からの生活習慣に注意しておく必要があるでしょう。

 

イボに効果のある成分は?

 

イボによい成分というのも存在しているのですが、どのような成分がよいのでしょうか。また、どのような食材に含まれているのでしょうか。

 

ハトムギに含まれているヨクイニン

 

ハトムギという名前を聞いたことがある人も多いでしょうが、このハトムギにはヨクイニンと呼ばれている成分が含まれています。このヨクイニンがイボに効果的だと言われているのです。

 

ヨクイニンは薬などにも使用されている成分なのですが、ヨクイニンが含まれているクリームを使用することで、イボの除去を行うことも可能だと言われています。

 

オレイン酸が豊富なあんずエキス

 

イボを取るのに効果的だと言われている成分は、ヨクイニンだけではありません。他にもあんずエキスがイボを取るのに効果的だと言われているのです。

 

あんずエキスにはオレイン酸という成分がたっぷりと含まれており、とても皮膚に馴染みやすくなっています。昔から生薬としても使われているので、直接食べることでも効果を発揮できると言われているのです。

 

万能なドクダミエキス

 

ドクダミという植物は多くの人が知っているでしょう。このドクダミのエキスというのは、いろいろな効果があると言われており、よくドクダミ茶として使用されているのです。

 

殺菌作用や抗酸化作用があり、イボの除去にも力を発揮すると言われているのですが、その他にも美肌効果や水虫の改善、腎機能の改善や咳止めなどにも効果を発揮する万能なエキスなのです。

 

イボ除去クリームの効果的な使い方

 

現在ではイボを除去するクリームが薬局などでも売られています。そこでどのように利用すれば効果がより高くなるのかを簡単に紹介します。

 

量をきちんと守って使う

 

イボを除去するクリームにも当然使い方が存在しています。特に注意するべき点は使用する量なのですが、塗る量を増やせばそれだけ効果が出やすくなるというわけではありません。

 

きちんと適量を守って使うことが重要です。クリームを購入したときには、必ず入れ物や説明書に適量がどれぐらいなのかが記載してあるので、きちんと守って使用することが効果的だと言えます。

 

しっかりとのばして優しく塗る

 

イボ除去クリームに限らず、大半のクリームというのは、適量を手に取ったらしっかりとのばして優しく塗るのが基本となります。必要以上に力を入れて擦るような塗り方ではいけません。

 

また、クリームが盛ってあるような状態では効果が発揮できないので、しっかりとのばして塗ることも重要です。イボができている部分を中心として、優しく円を描くような方法でのばすのがよいでしょう。

 

塗るタイミング

 

基本的にイボ除去クリームというのは、適切な塗るタイミングというのはいつでも問題はありません。そのため、使用する量は記載してあっても、薬のように毎食後1日3回などと明記してあることはないでしょう。

 

いつ塗ってもよいとは言え、やはり患部を清潔にしてから保湿をすることがよいと言われているため、風呂上りがよいタイミングだと言えます。

 

専用クリーム以外の自分がやるイボ除去方法は避けるが吉

 

イボを除去する方法はいろいろとあるのですが、自分で除去する方法はリスクが伴います。皮膚科で行うか、専用のクリーム以外の方法は避けるべきでしょう。

 

イボを切るのはリスクが大きい

 

よく民間療法として、イボそのものをハサミで切り取ってしまうという方法があるのですが、医療機関で行うのであれば問題はありません。しかし、自分で行うのにはリスクが高すぎると言えるでしょう。

 

イボを切り取ったことで、切り口から細菌やウイルスが感染してしまう可能性もありますし、かなりの痛みが伴う可能性もあるので、絶対に行うべきではありません。

 

イボコロリではきれいに除去できない

 

よくイボコロリという薬が売られているのですが、イボコロリは特にリスクはないので、試してみてもよいでしょう。しかし、イボをしっかりと除去するのが難しくなっているのです。

 

なぜなら唇や目の周りなどには使用できませんし、色素沈着が発生することが多いので、仮にイボが除去できたとしても、皮膚が黒くなってしまう可能性があるからです。

 

自分で除去するのは基本的にダメ

 

ハサミでイボを切り取ってしまう方法以外にも、線香などで焼いてしまう方法や、ドライアイスで冷やすという方法が存在しているものの、いずれもリスクが高くなっているので、自分で行うべきではありません。

 

液体窒素などが医療機関で用いられていますが、あくまで資格を持っている専門医だからしっかりと効果が出るのです。素人が安易にイボを取ろうとするのは控えるべきでしょう。