救世主!イボを取るサプリ登場!

年々増える首、デコルテ周りのぽつぽつ・ぶつぶつ、、などのイボに、ハトムギが効果あることご存知ですか?ハトムギ化粧水として有名なため、肌に良いことは知っているかもしれませんね。

 

ハトムギは、イボの改善に作用することが研究の結果判明しており、正しく摂取することにより確かな効果が得られます。(参考:殻付ハトムギ熱水抽出物(CRD)の研究開発

 

ハトムギは50種類以上の有効物質が含まれるとされ、その中でもイボにアプローチするのが「ヨクイニン」です。当サイトは、イボを取りたい方必見のハトムギサプリを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

イボサプリランキング

 

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

 

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスは、つるんと綺麗な肌へと導くハトムギ配合サプリメントになります。増え始めたイボに効くハトムギCRDエキスと相性の良い舞茸エキスを含み、イボを取ることはもちろん、肌荒れを防ぎ、透明感ある肌へ働きかけます。年々増えた・目立つ・取れない、、と悩む方におすすめ!当サイトより30日分980円購入できます。

 

肌糧

 

肌糧は、ハトムギを中心とした10種以上の薬膳エキスを凝縮したゼリータイプのサプリメントになります。島根県産のハトムギを梅花酵母により発酵させ、互いの効果を高めある厳選食材のエキスを配合しています。肌のサイクルを整え、イボを取るサポートをします。

 

クラシエ ヨクイニンタブレット

 

クラシエから登場したヨクイニンタブレット。ハトムギに含まれる有効成分ヨクイニンを抽出ししっかり配合しています。「飲んで治す」がコンセプトであり、イボに加え、肌荒れを治したい方にもおすすめです。1日あたり18錠です。

 

イボに効くサプリ・漢方成分は?

 

イボによいと言われている成分がいくつかあるのですが、どのような成分がよいのか知っておかないと意味がありません。そこでどのような成分が効果的なのかを見てみましょう。

 

免疫が関係しているイボに効く成分

 

イボにはいろいろな種類が存在しています。そんなイボに効果的な成分と言われているのがヨクイニンなのですが、ヨクイニンはハトムギエキスと呼ばれていることもあります。

 

なぜならハトムギからできているからです。そんなヨクイニンはイボに効果的と言われているものの、どのようなイボにも効果的というわけではありません。ヨクイニンは免疫が関係しているイボに効果的と言われているのです。

 

免疫が関係しているイボの種類

 

免疫が関係していると言われても、専門家でなければよくわからないでしょう。簡単に言えばウイルス性のイボを指します。例えば青年製扁平疣贅という種類や、指などにできる種類のイボです。

 

ヨクイニンは免疫力をアップしてくれるだけではなく、ウイルスを取り除いてくれる効果があるので、ウイルス性のイボには効果を発揮してくれるのです。

 

ビタミンもイボには効果的

 

ハトムギエキスと呼ばれているヨクイニン以外には、イボに効果的な成分はないのかというと、決してそのようなことはありません。他にもビタミン類はイボに効果的と言われています。

 

特にビタミンB群やビタミンCはイボによいと言われており、サプリメントにもよく使用されています。もちろん普段の食事でもきちんと摂取するべきでしょう。

 

イボサプリによりとれるイボの種類は?

 

イボサプリを使用すれば、どのような種類のイボでも除去できるわけではありません。取れる種類と取れない種類が存在していることを知っておきましょう。

 

成分表示をよく確認する

 

イボを除去したい場合に、サプリメントを用いる方法もあります。ただし、どのようなイボであっても除去できるというわけではありません。まずは成分表示をよく確認しておきましょう。

 

どのような成分が含まれているのかによって、どの種類のイボに効果的なのかが変わってくるからです。このような基本的なことを知ってからサプリメントを購入しないと意味がありません。

 

ウイルス性のイボにはハトムギ

 

イボサプリを用いることで、除去が可能になっている種類には、ウイルス性のイボがあります。ウイルス性のイボを除去するのに効果的な成分は、ハトムギになります。

 

ヨクイニンとも言われている成分なのですが、このハトムギを使用しているサプリメントであれば、ウイルス性のイボには効果があるでしょう。

 

老人性イボによいサプリ

 

老人性のイボを除去するのによいサプリメントも存在しているのですが、やはり注目するべきなのは成分でしょう。老人性イボの除去に効果的なサプリメントにも、ハトムギはよく使用されています。

 

しかし、ハトムギだけでは効果が今一つだと言えるでしょう。そこで効果的な成分としては、杏子エキスやキハダ樹脂エキスがよく用いられています。これらの成分が含まれていれば、老人性のイボにも効果が出るでしょう。

 

イボサプリと一緒に使いたいスキンケア化粧品

 

イボサプリだけではなく、他にもスキンケア化粧品などを使用すると効果的でしょう。重要なのはどのような種類のスキンケア化粧品を使うかという点です。

 

首イボの除去に効果的

 

イボは首にできることもあるのですが、そんな首イボに効果的と言われている化粧品が艶つや習慣です。イボサプリと一緒に艶つや習慣を使ってきちんとケアをすれば、より回復する確率が高くなるでしょう。

 

しかも角質を除去して、肌をスベスベにしてくれる効果も期待できるので、イボで悩んでいる人だけではなく、肌の悩みを持っている人にも効果的です。

 

皮膚の薄い箇所におすすめ

 

杏子の種子エキスの中でも、核の部分の貴重なところにあるエキスを抽出して作られたアンミオイルですが、この化粧品もイボに効果的だと言われています。

 

特に皮膚が薄くなっている箇所にできてしまったイボに効果を発揮すると言われているのです。イボサプリと一緒にケアをすれば、より効果が高くなることは間違いないでしょう。

 

定番の化粧品でイボのケア

 

イボによい定番の成分と言えばハトムギなのですが、このハトムギを主成分として使っている化粧品がハトムギ化粧水になります。名前にもハトムギと記載されているのでわかりやすいでしょう。

 

イボの除去効果を高めてくれるだけではなく、ニキビのケアや肌荒れのケアにも効果を発揮してくれる商品です。保湿効果が高い上にべたつかないので、人気の高い化粧水になっています。

 

イボができる原因は?

 

イボの予防や対策をするためには、まず原因を知っておく必要があります。原因を知っておけば、どのように対策をすればよいのかわかるでしょう。

 

イボの原因はウイルス

 

イボができる原因は、ヒトパピローマウイルスという種類のウイルスに感染することです。キズ口から感染することが多くなっているので、キズを負ったら消毒をして清潔な状態にしておくことが重要です。

 

このヒトパピローマウイルスというのは、100種類以上存在していると言われているのですが、その多くが良性となっています。ただし、悪性の種類もあるので注意しましょう。

 

親となっているイボからどんどん広がっていく

 

多数のイボができた経験がある人もいるでしょうが、イボというのは親となっている根の部分が存在しています。そのため、この根の部分を除去しない限り、周りのイボを取ってもまたすぐに広まってしまうでしょう。

 

逆に親となっているイボの根を取り除いてしまえば、周りにあるイボもなくなってしまうのです。イボはウイルスなので、どんどん広がっていく可能性もあります。

 

感染経路は分かっていない

 

イボの原因はヒトパピローマウイルスだと分かったでしょうが、キズ口から感染するということ以外は、感染経路がよく分かっていないのが現状です。

 

キズ口以外でも、体内に入り込んだウイルスが、抵抗力の弱まったときに悪さをして表面にイボとして出てくることもあります。そのため、対策としては清潔な状態を保つことと、病気にならないように注意することです。

 

イボができやすい場所・部位は?

 

体にはイボができやすい場所とできにくい場所が存在しています。イボができやすい部位は特に注意しておかなければいけません。

 

首や顔にできやすい

 

イボができやすい場所としては、顔や首が挙げられます。顔や首は隠すことができないので、気になるという人が大半を占めていると言えるでしょう。

 

そのため、普段から鏡を見てある程度確認をしておき、イボを発見したら早急に皮膚科で治療を行うべきです。早期に治療を行うことで、イボが周り中に広がってしまうことを防ぐこともできるでしょう。

 

足にもできやすい

 

イボは足にもできやすくなっています。足の中でも足の裏にできる可能性が高いと言えるでしょう。足の裏にイボができた場合には、違和感を感じるので比較的早く発見しやすくなっています。

 

もちろん足の裏だけにできるというわけではないので、注意しておくに越したことはありません。かかとは比較的皮膚が硬くなっていますが、指周辺などは皮膚が柔らかくなっているので、皮膚が柔らかい部位にできやすいと言えるでしょう。

 

手にできることもある

 

イボの定番と言えば手だと思う人もいるでしょう。もちろん手もイボができやすい部位と言えるのですが、顔や首、足に比べると、イボができる確率は低くなっています。

 

手の場合にはイボだけではなく、魚の目やタコもできやすくなっているので、まずはイボであることを確かめるために、医療機関を受診しましょう。タコであれば放置しておいても大丈夫ですが、イボや魚の目は早急に治療するべきです。